韓国ドラマ動画を最も安く見れるおすすめ動画配信サービスはdTV!利用ユーザ100名の口コミや評判を紹介!

韓国ドラマを視聴する上でdTVを最もおすすめする理由

とにかく低価格
ドコモユーザであればなおお得
作品数がそこそこ多い
セット割が安い
ダウンロード機能でどこまでオフライン視聴ができる!
韓国ドラマだけではなく、音楽配信やバラエティ番組も豊富

dTVの基本情報

dTVの基本情報サービス内容
月額料金500円(税抜)
550円(税込)
無料お試し期間31日間
総配信作品数約120,000作品
視聴方式見放題(無料)
+PPV(有料)
支払い方法クレジットカード
ドコモケータイ払い
ダウンロード機能
最高画質4K対応(現状1作品のみ)

月額550円(税込)で12万作品のラインナップ。dTVはなんといってもお手頃価格なのが魅力的ですね。

でも値段だけではなく、満足度が高くないと意味がありません。

そこでいろいろな評判をまとめてみたので参考にしてください。

dTVの評判まとめ

dTV作品ラインナップの良い評判と悪い評判

めちゃくちゃ詳しい。映画やドラマなどのラインナップに不満を感じるのはカラオケ動画やライブ動画が多いからなんですよね。

dTVはエイベックス通信放送が運営し、NTTドコモが提供する動画配信サービスなので、エイベックス系アーティストに関連するコンテンツに強いです。

エイベックス系アーティストが好きな人なら、そそられるコンテンツが目白押しだと思います。

dTVコスパに対する良い評判と悪い評判

dTVに見たい作品が配信されている場合は、月額料金が安いのでコスパはいいと感じると思います。

確かに。dTVはコストが安いのは事実。他の動画配信サービスと比べて月額料金は安いです。

でも、パフォーマンスの部分には「????」たくさんの疑問符がついてしまうと思います。

自分が見たい作品がたくさんあるのか?よく確認してから加入した方がいいですね。

dTVの場合は会員でなくても配信作品を調べることが可能です。

dTVの無料おためし期間の評判

無料おためし期間は本当に無料なの?と心配される人がほとんどだと思います。

使い慣れてくると本当に無料で利用できるのは確かなので、色々な動画配信サービスを体験してみるとハードルが下がると思います。

自分に合う動画配信サービスは結局のところ使ってみるまで分からないものなので、dTVに限らず無料体験を有効活用してみましょう。

dTVのレンタル作品(個別課金作品)の評判と疑問

確かにレンタル作品は多いですね。ラインナップがライブ映像やカラオケ動画に偏っている。

そして映画やドラマが好きな人が映画やドラマの新作を見ようとするとレンタル作品(個別課金作品)が多くて見たい作品を探すのに苦労するかも。

月額料金は安いけれど、その範囲内で楽しめる人と、満足感を得られない人もいると思います。

確かに紛らわしく感じてしまうかもしれません。レンタル作品について詳しくは私のデメリットのところで説明します。

dTVのダウンロード機能に関する悪い評判

dTVのダウンロード機能の他の動画配信サービスと比べて異質なものです。ダウンロードした動画に視聴期限があるのはどの動画配信サービスでも同じ。

でも、ダウンロードした動画を再生する際、認証を求められるのはdTVだけ。

ですから、完全オフライン環境での再生が行えず、ダウンロード機能の意味を成さないのでは?という率直な感想ですね。


ダウンロード本数に上限がつきました。

ダウンロード機能に関して良い評判を探しましたが、古い情報である点、さらに古い情報はリニューアルによって現状に即していないということを考慮し、載せるのをやめました。

dTV倍速機能に関する良い評判


倍速機能に関しては良い評判ばかり。いい評判にプラスして、あとは要望という感じですね。

倍速機能はとても便利なのでdTVの強みだと思います。

dTVのメンテナンスに関する悪い評判

dTVはメンテナンスが定期的にあり、おもに火曜日の夜22時くらいから、翌朝7時くらいまでかかります。

動画作品を見られないだけならまだマシなのですが、dTVの解約時に料金発生日とメンテナンスが重なっていないか注意してください。

毎月1日が料金発生日なので、解約するならば下旬、もしくは月末に解約するのがベスト。

メンテナンスがあると解約できないので解約予定日とメンテナンスの日が被らないかチェックしておきましょう。

無料おためし期間中の人は32日目に月額料金が発生するので、dTVを続ける気がないならメンテナンスの予定をチェックし、31日以内に解約手続きを行いましょう。

dTVの画質について良い評判


dTVの画質については良い評判が多かったです。

また画質は回線状況によるところも大きいので、画質が悪いと感じた場合は、自分の回線状況・回線環境をチェックする必要もあります。

dTVを利用して私が感じたデメリット7つ

dTVメンテナンスありすぎ、長すぎ

VODの特徴として
「いつでも、どこでも、好きな時間に好きなだけ動画を楽しむ」、というものが挙げられます。

メンテナンスの長さによってVODサービスの良さを潰しています。

ただし、メンテナンスは夜間に行われるものなので影響がない人もほとんどだと思いますが、なんか釈然とししないんですよね。

dTVはダウンロード機能がダメすぎ君

dTVのダウンロード機能の仕様は他の動画配信サービスと比べ、確実に劣ります。

まず、完全にオフライン再生ではないこと。

ダウンロードしておいた作品を再生する際、認証をする必要があり、オンライン状態でないと再生できません。

これはdTV独特のシステム。

携帯キャリアとのパケットプランの契約状況によっては、ギガの消費を心配されている人が多いと思います。

動画作品は、再生時間の長さや画質の関係で再生時のデータ通信量が膨大になりがち。

ダウンロード機能の良し悪しは動画配信サービスを選ぶうえで基本的なことであり、重要なことでもあります。

この点においてdTVは他の動画配信サービスと比べ明らかに劣っているのでデメリットですね。

出張が多く、出先の通信環境に左右されることが多い。

dTVは同時視聴ができない

dTVは同時視聴ができません。なので月額料金は1人あたりの料金になります。

自宅のリビングに家族が集まりテレビで見るような利用方法であれば1人あたりの料金とは言えないのですが。

しかし、動画配信サービス他社では同時視聴ができ、共有が可能なところが多い。

dTVより月額料金は高いのですが複数人で利用する人にとっては、折半することにより、1人あたりの実質負担額をdTVより抑えることも可能です。

また、他の動画配信サービスでは
あらかじめダウンロードしておいた作品を再生する際は同時視聴に含まれません。

  • ストリーミング再生方式
  • オフライン再生方式の違いによって

しかし、dTVの場合は認証時にオンライン状態にする必要があるので同時視聴に含まれる。

ダウンロード機能との兼ね合いで同時視聴数の上限を引き上げることができないのが痛いところです。

dTVは12万作品のうちカラオケ動画が約7万5千本?

みんなカラオケが好きなんですかね。いや、カラオケは好きですよ。

でも、個人的にVODサービスにカラオケ動画は求めてないです。

12万作品と謳っているうちの7万5千本がカラオケ動画はやりすぎだと思うんですね流石に。

dTVでは映画やドラマ、アニメなど満足に見られない

dTVに映画やドラマ、アニメなどの本数はそれほど期待しないほうがいいです。

カラオケ動画約75,000+ライブ映像約7,000で82,000本となり、総配信作品数12万本の半数以上を占めます。

なので映画やドラマなどを存分に楽しめることを期待しすぎないようにしましょう。

自分が興味のある作品がdTVで配信されているのかどうか、が満足度に関わってくることになりますね。

カラオケ動画とライブ映像以外で見たい動画作品があるのか?チェックしましょう。

dTVのレンタル作品の多さと表示の紛らわしさ

どうしても自分が見たい作品がレンタルになっているとレンタル作品が多いと感じてしまうものだと思います。

ガッカリしますよね。いざ作品を見ようとするとレンタルだと。

dTVだけが決してレンタル作品が突出して多いわけではありません。

多いと感じるのには理由があって、それは総配信作品数のうち上で述べた通り、カラオケ動画約75,000+ライブ映像約7,000で82,000本だからなんですよね。

これらに興味のない人が見る対象となる作品はおよそ40,000本となります。

そのうち新作映画や新作ドラマはレンタル作品が多いので、自然と観たい作品の対象に対するレンタル作品の比率が上がってしまい、レンタル作品が多いと感じてしまう。

レンタル作品の見分け方は[¥]マークがついているので見分け方はスグに理解できると思います。

紛らわしい表記として、新着タイトルともうすぐ配信開始されるタイトルが並列表記[・]されているところ。

dTV登録時と解約時の手間

dTV登録時にdアカウントが必要になります。ドコモユーザーであればdアカウントを保有している人が多いので手間はかかりません。

しかし、dアカウントを保有していない人がdTVに登録するのは、dアカウントの作成が必要になり手間がかかります。

また、個人情報をさまざまなところに登録するのに抵抗がある人にとっては、登録へのハードルが高くなると思います。

dTVの解約は動画配信サービスのなかで明らかに面倒くさいです。さらに紛らわしい表示方法がイヤですね。

解約を選んで進んだ際、dポイントのプレゼントに応募するボタンは赤く目立つ表示。

対して、解約手続きのボタンは目立たないように周りの背景に溶け込むように黒いボタンとなっています。

商売ですから、引き留めたい気持ちには一定の理解を示したいと思う。けれど、解約は何らかの理由があってするものだと思うので気持ちよく解約させてもらえないだろうかと感じました。

dTVへの登録まえに解約を簡単にできなければ不安になると思います。

dTVを利用して私が感じたメリット4つ

dTVは月額料金がお手頃なのは確かだということ

カラオケ動画やライブ動画が多い。映画やアニメなどは物足りない。

でも、月額料金が安いのも確かです。

レンタル店に借りに行く、返却に行く手間。さらに延滞料の心配もなく利用できる。

レンタル作品(個別課金作品)を視聴しなければ月額料金以外の課金はありません。

dTVは韓国ドラマなら動画配信サービスのなかで上位

dTVは動画配信サービスのなかで韓国ドラマのジャンルは充実しています。

いちばん充実しているU-NEXTと比較すると劣りますが、こちらの月額料金は550円(税込)。

ひとりで手軽に韓国ドラマを楽しむなら、dTVはいいサービスなのは間違いありません

dTVは人によってはコスパが凄く良い

お気に入りのアーティストや目的のアニメや映画作品があるなら、月額料金は550円(税込)なので、レンタル店に借りに行くより断然いいです。

決して多くの人にとってコスパいいサービスとは言えませんが、ある人にとっては物凄くコスパいいサービスなのは間違いありませんね。

dTVには倍速機能がある

動画配信サービスすべてに倍速機能がついてるわけではありません。

たとえばNetflixにはついてないんですね。

dTVの倍速機能は、「試し見」「流し見」など、ながら見に便利。

作品探しに役立つので、この倍速機能は便利です。

まとめ

dTVは値段相応の動画配信サービスです。安かろう悪かろうではない。

月に2本くらい映画を観れば月額料金はペイできますし、じゅうぶんお得で満足できる動画配信サービスだと思います。

しかし、それはdTV自身の評価で、他社と比較すると正直dTVはおすすめしません。

月額料金の価格帯が同じくらいである、Amazonプライム・ビデオとの比較や、HuluとdTVの比較記事を参考にしてください。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です