韓国ドラマ君の歌を聴かせて32話(最終回)のネタバレや感想を詳しく解説

管理人

管理人

韓国ドラマ「君の歌を聴かせて」第32話(最終回)を視聴したい方必見!本記事では、「君の歌を聴かせて」第32話(最終回)のあらすじネタバレ情報や感想を分かり易く解説します!

韓国ドラマ「君の歌を聴かせて」第32話(最終回)をこれから視聴予定の方向けに予習や予備情報として是非要チェックです!

ゴリ子

ゴリ子

番組名:君の歌を聴かせて
放送局:KBS
主要キャスト:ヨンウジン、キムセジョン、ソンジェリム、ジヨン
放送開始:2019年8月5日〜2019年9月24日

君の歌を聴かせてのあらすじを解説

管理人

管理人

ここでは、君の歌を聴かせてのあらすじ情報をご紹介します!ざっくりどんなドラマなのかが分かります!

ティンパニストを夢見るホン・イヨンは、1年前の事故がきっかけで3カ月間の記憶を失い、不眠症にも悩まされていた。
そんなある日、イヨンはコンビニでチャン・ユンというナゾの男に出会う。
アルバイトを探しているという彼に、眠れない自分に“イブニングコール”をして歌ってほしいと提案する。

彼の超音痴な歌声に驚きながらも、なぜか安心して眠れるように。
そんな中、奇跡的に憧れの楽団に入団したイヨンの前に、またしてもユンがピアニストとして現れる!
ユンの思わせぶりな態度に困惑しつつも、次第に彼に惹かれていくイヨン。
しかしこの運命のような出会いには、ある秘密があって…!?

君の歌を聴かせて第32話(最終回)のネタバレ情報

管理人

管理人

さて、では早速「君の歌を聴かせて」の第32話(最終回)を視聴したい方や復習したい方向けにネタバレ情報をお届けします。どうしても見たくない方は絶対見ちゃダメです!

(最終回)
イヨンはティンファニーを始めた理由を話し、イヨンはユンにピアノを始めた理由を尋ねます。
ユン「母親がピアノをしていたから…お腹の中にいたときから聞いて育った。」
イヨン「じゃどっちが音痴なの?」
ユン「う…ん。聞いたことないけど、たぶん父親?」
2人は笑います。
そして、イヨンは音痴を治してあげると二人で練習を始めます。

テントの中でイヨンが寝ていると、「助けてください!助けてください!」とうなされています。
ユン「イヨンさん!大丈夫?悪い夢見たの?」
イヨン「はい。一年前から毎日見ている夢です。ユンさんが横にいるからもうこれから見ないでしょう。」
ユン「横にいるから安心して寝て。」
イヨン「手を繋いで寝ても良い?」
2人は手を繋ぎます。
イヨン「暖かい…私たち、難しい出会いをしたじゃないですか…だから別れないで、長く付き合いたいです。」
ユン「悪い夢を見ないで寝て。」
ユンはいままでイヨンに酷い言葉を言ってきた事を思い出します。

スヨンが部屋で誰かと電話をしていると、イヨンが入ってきてキャンプが楽しかったことを話します。
スヨン「あなたに隠していたことがあるの。」とダイアリーを差し出します。そして、その中に入っているユン写真を見せます。
スヨン「実は前からチャンユンさんを知っていたの。あなたが辛くなるかと思って隠していたの。」

~一年前~
カフェでイアンとイヨンが写真を見ながら話していると、ユンの写真が目に留まります。
イヨン「あ!この人チャンドフン。合ってるでしょう?」
イアン「どうして兄さんのこと知っているの?」
イヨン「兄!?大学に通っている時、好きだったの。片思いだったの。急にいなくなったからどこにいったのかと思った。今どこにいるの?
イアン「ここにいないよ。アメリカで勉強してる。」
イヨン「そうなんだ~記念だからこの写真もらっていい?」
イアン「うん…」
イヨン「ありがとう。」

写真をみて、イヨンが一年前の記憶を思い出します。
スヨン「チャンユンさん。今日アメリカに行くって。」
イヨン「え?」
イヨンは電話をかけながら走って家を出ます。

イヨンがユンの家に着いた時には、すでに出発していてドアに手紙が挟まっていました。
ユンの手紙「こんな形で伝えてごめん。顔を見たら伝えられないかと思って。昨日言おうと思ったけど、言えなかった。これまでイヨンさんにとても辛い思いをさせてしまった。思い出したくない内容を思い出させ、事件にも巻き込んでしまった。ごめんなさい。これから残ったイヨンさんの人生が幸せであってほしい。そうなら、自分も遠くにいても耐えていける。

キアンが運転する車にユンが乗って出発し、その車を見たイヨンが走って追いかけます。
イヨン「ユンさん!!」しゃがみこんで泣き出します。

ソッキョンが作ったイアンというオーケストラに笑顔で出勤するイヨン。
ポースターにチャンユン帰国と書いてあるのを発見し、驚きます。

イヨンはティンファニーの位置につきます。
その様子をジュワンがみて微笑みます。

コンビ二でイヨンがラーメンを作っていると、横で「麺が煮えてきたら卵を入れないと~」と歌いながらユンが現れます。
驚くイヨンに、キムチも買ってあげるとユンは言います。
イヨン「私に声をかけないでくれる?」
ユン「僕ずっと待ってたんだけど。イヨンさんがいつ来るか分からないから。」
イヨン「どうして私を待つの?電話ないの?」
ユン「番号変えたみたいね。僕の電話とらないためにわざとしたの?」
イヨン「あ~ユンさんは番号もなくして逃げもんね。」
ユン「それはイヨンさんの声を聞いたらアメリカにいけないと思って。」
イヨン「こうやって現れたら感動するとでも思った?一年も連絡もなく…」
ユン「悪かった。」
イヨン「ここには何で来たの?」
ユン「イヨンさんい会いに。」
イヨン「行きたい時に行って、会いたいときに会いに来て…悪かったといえばすむの?」
イヨンは手紙に書いていたことは誤りだといい、イヨンは思い出したいのに思い出せなかったことが辛かったと伝えます。そして、また勝手にどっかに行くと許さないといいます。
ユン「分かった。僕はどこにも行かない。君に会いたくてここに来た。本当に悪かった。僕がとても辛い思いをさせたことが自分自身許せなくなって…でも、アメリカに行ってすぐに後悔した。会いたいのを本当に我慢した。これからはずっと横にいる。」
ユンはイヨンの手を握ります。そして、2人は笑います。

~イヨン心の声~
イアンさんお久しぶりです。天国でもよく笑っている?
こんなまぶしい人をプレゼントしてくれたのはイアンさんです。
世界は苦痛でいっぱいだけど、それを克服して暮らしている人もたくさんいることをイアンさんに習いました。
ありがとうございます。あなたを忘れません。


君の歌を聴かせて第32話(最終回)を視聴した筆者の感想

管理人

管理人

ゴリ子さんが韓国ドラママニアなので早速視聴した感想を聞いてみましょう!

最終回も見ごたえがあって本当に良かったわ~!
コンビ二でユンが現れた時のイヨン表情は見ものよね。
何より、ハッピーエンドで2人の笑顔が見れてスッキリしたわ!

ゴリ子

ゴリ子

君の歌を聴かせて第32話(最終回)の日本放送予定はいつ?

結論から申し上げると、2020年10月12日現在、君の歌を聴かせては、 日本ではU-NEXTで視聴可能です!詳細は以下の通りです。

動画配信サービス配信状況
U-NEXT〇配信中※独占配信
DMM見放題Ch×未配信
スカパー(KBS World、Mnet)×未配信
Netflix×未配信
WOWOW×未配信
ABEMA×未配信
Amazon Prime Video×未配信
Paravi×未配信
FOD×未配信
※動画配信サービス配信状況

まずは、君の歌を聴かせてのドラマ動画を視聴できる上記の動画配信サービスを要チェックしようね!

ゴリ子

ゴリ子

韓国ドラマ君の歌を聴かせてを全話無料視聴できる最もオススメの動画配信サイトはU-NEXT(ユーネクスト) ※独占配信

・作品数が約190,000動画配信サービスNO1!
・韓国ドラマ1,000作品超えはこちらも動画配信サービスNO1!
・追加費用不要な見放題作品数動画配信サービス随一!
毎月1200円分の無料ポイントが付与新作視聴や映画チケットと交換できる!
・動画だけではない!電子書籍も楽しめるという超絶万能機能が搭載!

項目詳細
月額2,189円(税込)
全作品数約190,000作品
見放題作品数約15,000作品
韓流作品数約1200作品
韓流の見放題作品数約1000作品
月額無料ポイント1200ポイント(実質1200円分)
電子書籍視聴可能
無料トライアル期間31日間
※2020年9月時点

韓国ドラマ見放題作品圧倒的NO1!

U-NEXTならでは最新作がぞくぞく★
U-NEXTでしか配信していない韓国ドラマや海外ドラマの独占配信や最新作が充実!DVDレンタル店まで⾏く必要はありません。貸出中という⼼配もありません。
まだまだ話題の新作も、U-NEXTなら⾒放題。話数の多いドラマだって、料⾦を気にせず、たっぷりと楽しめます。韓流ブームを巻き起こしたあの名作から、最新の話題作まで楽しめるU-NEXT。あなたの「⾒たい!」が、きっとみつかります。

君の歌を聴かせての相関図を解説

管理人

管理人

本記事では、君の歌を聴かせての第32話(最終回)のネタバレや感想をご紹介しましたが、別記事で君の歌を聴かせてのキャストや相関図にドラマの口コミ・評判の情報を記載しています。是非そちらも参照してみてください。

君の歌を聴かせて第32話(最終回)のまとめ

管理人

管理人

この記事では君の歌を聴かせてのドラマの概要をご紹介しました!この後実際に君の歌を聴かせてを視聴をする方もあらすじやネタバレ情報を参照して予習・復習をしながら韓国ドラマを楽しむことをオススメします!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です